英語快読800万語(5)―A to Z Mysteriesコンプリ

A to Z Mysteriesコンプリしてしまった。嬉しいけど淋しい。まぁ、また再読してもいいんだけどね。

これまでは、ちょっと読む物に困った時には、「これがある!」と思ってたんだけど、終わってしまったので、早く次の「はまれる」シリーズを見つけないと・・・。

ここまでの総語数、883708語。

69.2008年2月23日:A to Z Mysteries: The Zombie Zone: 8100語:☆☆☆☆:3人組は、絵を描きに行くというRuthのお婆さんのスケッチ旅行について行きます。ところが、ゾンビが墓を荒らしているというウワサが・・・。

70.2008年2月23日:Jigsaw Jones Mystery #1:The Case of Hermie the Missing Hamster:6397語: ☆☆☆☆:ジグゾーパズルが好きな小学校2年生の主人公は、みんなからジグゾーと呼ばれています。1日1ドルで事件を解決する探偵でもあります。友達からハムスターが行方不明!探して!という依頼が入ります。

71.2008年2月25日:Jigsaw Jones Mystery #3:The Case of the Secret Valentine :6279語:☆☆☆☆:バレンタインデーを前に「あなたのこと密かに思ってます」というカードが主人公のもとに届く。差出人は不明。え? 一体誰? 「密かに思われるなんて、うっとーしーなー」と主人公は思います。

72.2008年2月27日:Hillarry Clinton: An American Journey:2000語:☆☆☆☆:クリントンは初の女性大統領になれるか? 子どもの頃の話も書かれています。ヒラリーの父は金持ちだったけど、ヒラリーやその兄弟はお手伝いをしてお小遣いを稼いだそうです。若い頃の写真より今の方が綺麗かな? 聡明でタフな女性なんでしょうね。働く母としての苦労も経てきたんだなぁと思いました。

73.2008年3月10日:The Second Wife:95000語:☆☆☆☆☆:1回目は内容に引き込まれて、先が気になって、細かいことはおいといてずんずんと読んだ。順序が逆になっちゃったけど、前作を読んだら、改めて続編を読みたくなって、「順番どおり」に読んでみた。(>で、そしたら、また前作が読みたくなっちゃった) 上野千鶴子・信田さよ子『結婚帝国女の岐れ道』(講談社)とあわせ読むと面白いかも。結婚の意味とは?というのを深く考えさせられます。

74.2008年3月13日:Jigsaw Jones Mystery #5:The Case of the Stolen Baseball Card
:6279語:☆☆☆☆:お友達の自慢の野球カードが授業中に消えてしまいました。アメリカでは、野球選手のプロマイド(?)が長年に渡って人気を保ってるんですね。主人公のおばあさんも若い頃の野球カードを大事にとっています。

75.2008年3月16日:Jigsaw Jones Mystery #7:The Case of Runaway Dog The Second Wife:5814語:☆☆☆☆:主人公の犬がいなくなってしまいました。学校では感謝祭にちなんで「私が感謝すること」を書き出してきなさい、という宿題が出ますが、主人公は、とてもそんなことを考える心境ではありません。でも、先生は、そんな時こそ、自分のまわりに感謝すべきことを探すべきだと言います。

76.2008年3月20日:Who was Ada Lovelance Jigzaw:10500語:☆☆☆☆☆:バイロンの娘のAdaの伝記。Adaは、理数系に才能があったけれど、この時代、女性が科学者として生きることは難しかった。バイロンは魅力的な人だったらしく、女性にもモテモテで、妻は夫と離別、別れた夫を憎んでいた。娘は自分の父親についてあまり知らずに、支配的な母親の元で育つ。元祖コンピュータを作ろうとしていた科学者との出会いがあり、彼女は、コンピュータに魅せられて行く。当時、イギリス経済は、計算間違いで莫大な損失があった。それは、機械で計算することでなくすことが出来る、というのがその科学者の主張。そして、膨大な人数の人間を単純な計算という仕事から解放してやれば、人間はどれだけ多くのことが出来るだろう・・と。確かに、手計算の社会的コストっていうのはすごいものがあっただろうなぁ。それにしても、当時と今を比べたら、本当にコンピュータの世界の進歩はすごい。当時は、今の電卓程度の計算機でも、(イギリス基準で)大きな部屋ひとつ分くらい必要だったらしい。

77.2008年3月24日:Jigsaw Jones Mystery #8:The Case of the Great Sled Race:5572語:☆☆☆☆:すぐメモっておかなかったら内容を忘れてしまいました。

78.2008年3月27日:Jigsaw Jones Mystery #9:The Case of the Stinky Science Project 5663語:☆☆☆☆:上に同じ。

79.2008年4月2日:Jigsaw Jones Mystery #10:The Case of the Stinky Ghost Writer:5503語:☆☆☆☆:上に同じ。

80.2008年4月15日:I Heard That Song Before:PB:10400語:☆☆☆☆☆:メアリ・ヒギンズ・クラーク。実は出たばかりの時にハードカバーで買ったんだけど、私は「寝る時に読書」派(>というか、その時しか時間ない)なので、重くて挫折。ペーパーバックが出たのでそっちを買った。庭師の父親に連れられて大きなお屋敷に行った主人公。内緒でお屋敷内を探検中に誰かが言い争っているのを聞いてしまう。大人になってから、奇遇なことに、そのお屋敷の主人と結婚することになるのだが、その主人には、妻および女友達殺害のウワサが・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。