ピストンリング交換
だいぶ走行距離が多くなっているのでピストンリングを交換してみました。

ばらし始めたところ。
タンクとシートを外しただけ。

こっからシリンダー外すのに邪魔なものを外していきます。

・ラジエター
・ラジエタータンク
・キャブ
・オイルタンク(ネジ外すだけ)
・あとそのほか(よく覚えてない(笑))

シリンダーヘッドを止めている4つのナットを外してシリンダーを持ち上げます。
持ち上がらないときはプラハンでコンコンどつきまわしながら少しづつ持ち上げます。

初めてシリンダーの中とご対面。
バイクのサイズに対してシリンダーが意外に小さいのにびっくり。
こんなもんで人間乗せて80Km/hオーバー出すんだねー。

とりあえずシリンダーチェック。
うーん、キズ入ってるのかな。

とりあえずピストンを外しに・・・・・

おや?なんか変なものがついてる。

なんかよく見るとすごくグロい。なんだこれ(汗
シリンダー側見るともっとグロい!(汗
なんか水アカなのかスラッジなのかわからないけどシリンダーを冷却する水路を一部ふさいでいるのには違いない。ソッコーで除去してやりました。

ピストンをチェック。

どう考えてもキズが入っているっていうんだよね、これ。
一度オーバーヒートでエンジン止まったことあるからそんときかな。
合掌。

とりあえずキズついたピストンはヤスリで表面をキレイにしてやって、頭はツルピカメッキ仕様みたいに磨き上げてやりました。

こんな感じで私の作業と一日は終わるのでした。

試乗してみたらなんとなくトルクが上がった気がするけどたぶん大した変化はないと思う(笑

   
 

 

   
   

home